top of page

オスグット シュラッター氏って知ってますか?札幌 すすきの 整骨院


小学生、中学生で跳躍系運動を行っている子供に多く

運動をし過ぎな状態(オーバーユース)の時に併発しやすい

骨の形成がまだ不十分な時に、大腿直筋からくる筋肉のテンションにより

脛骨粗面の隆起が起こり痛みを伴うもので

一般的にオスグット病と言います

好発する競技

サッカー、バレーボール、バスケットボール、バドミントン、動作ではジャンプ、ダッシュ、キック、フルスクワットなど

ちなみにオスグットの傷病を発表したのが、オスグットシュラッター氏

対応方法

患部の炎症を抑えるためのアイシング

競技の中止

筋肉のストレッチで柔軟性をつける

予後

成長するにつれて骨が硬くなるので青年期以降はオーバーユースを起こさないようにすることで症状が出来にくい状態となる

骨の剥離もありえるものなので、痛みが強い場合は競技を休むようにしてください

お知らせ
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。


ご連絡はline登録をして

メッセージで送信がおススメです
 

bottom of page