ヘルニアの話し 札幌 すすきの 整骨院


腰が痛い、しびれる

首が痛い、しびれる

この様な患者さんにお話を詳しく聞くと

「あー私、病院行ったらヘルニアだって言われたんですよね」

よく聞くフレーズです

まず、ヘルニアって言葉、多くの方が知っているけど仕組みが分かっていないことが多いですよね

Wikipediaのヘルニア解説はこちら

ということで

ヘルニアで痛い、しびれるという構造について簡単に解説を

そもそも、脊髄神経の圧迫で痛みを伴うことはなく

脊髄神経自体には感覚神経が無いので、圧迫での痛みがでることが無いためです

痛みを感じる神経の場所は脊髄神経の後根というところで

そこを辿って脳で痛いという感覚が刺激されます

求心という字体で分かるように、遠いところから中心に向かう経路で神経の伝達は一方通行

求心性・遠心性と2つに分かれています

求心性:感覚神経 後根

遠心性:運動神経 前根

運動神経は脳からの伝達により筋肉を動かす指令が出され

筋肉の受容器により収縮が行われます

なので、ヘルニアでしびれや筋力低下は起こりますが

痛みは別の理由で起こります

筋力低下による筋肉の左右差、日常生活姿勢、動作の変化により

慢性的に筋膜や関節などの炎症

神経自体の炎症が併発することが要因となり痛みが発生します

ヘルニアだから痛いは改善できます

ただ、筋力強化、日常生活動作の改善など

複合的に改善が必要なため、手術適応ではない範囲のヘルニアでしたら生活動作改善により

今の状態より改善させる可能性があるので、面倒臭いと思わず

習慣の改善を図ってみてはと思います

補足ですが、しびれも絞扼性神経障害という筋肉の緊張が要因の物でしたら改善する余地があります

それらに対応できる施術施設でご相談ください

お知らせ
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
468x60_orange.png