頭痛けっこう怖い話し 札幌 すすきの 整骨院


肩こりを訴える方の多くに頭痛症状が併発していることがあり、相談を受けることが多くあります

肩こり=頭痛 筋肉をほぐすと楽になるなら

それは、筋緊張型頭痛で判断してもいいかもしれませんが、頭痛にはいろいろ種類があり、場合によってはいつもの頭痛だからマッサージや整体でほぐしてもらえばいいかな?

なんて、安易に考えてそのあと大きな問題を見逃してしまうかも・・・

てな話しです

一般的認知が多い頭痛として

筋緊張型頭痛

頭がしめつけられる感じの痛みがある

この原因と言われているのが、筋肉の緊張から神経の刺激につながり、それにより痛みが発生するという流れ

改善方法:筋肉の緊張を和らげる、適度な運動ストレッチに効果が期待できる

温めてほぐす

偏頭痛(片頭痛)

脈を打つようなドクンドクンとした痛み

血管の拡張により三叉神経が刺激され、拍動とともに痛みが発生する

心的ストレスが要因となることがあり、それらを避けることも重要

対応策:血管を拡張させる食物の摂取を控える(チョコレート・アルコールなど)

適度なカフェインは有効(血管の収縮効果)

冷やすことは有効(拡張を抑える効果を期待する)

安静にして静かな状態が良い

市販している頭痛薬は血流を促す成分があり、痛みを鈍らすことが出来き、一時的にはいいですが、常用することで薬物性の頭痛を引き起こすことがあり、それにより、偏頭痛なのか、薬物性頭痛なのか分からなくななり、対応が難しくなるので注意してください

その他の頭痛について

群発頭痛 恐ろしく痛い頭痛です

友人にこの頭痛を持っている人がいるのですが、目の奥をえぐられる痛みで、片方のみが40度くらい熱が出て数時間それに耐えるという日々が起きるそうです

人によりますが、数日間のサイクルや数か月毎日など原因不明の頭痛で、100%酸素吸入、医師からの処方での麻薬と同等レベルに扱われる鎮痛剤などで対処するそうです

命に危険が及ぶ頭痛では

脳出血

くも膜下出血

脳炎

髄膜炎

脳動脈乖離

などなど

いつも痛み止めを常用していると分からなくなることもあり、命に係わる可能性の頭痛を見落とすこともあります

薬は医師の処方で適切に飲んでほしいです

恐ろしく痛い頭痛は鎮痛剤ではなく、医師に相談する、場合によっては救急119で対応も必要です

お知らせ
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
468x60_orange.png