眼精疲労の話し 札幌すすきの 整骨院


日本人はメガネというステレオタイプの表現が昔からありますが、日本人に近眼が多いのはまだはっきりしていないようです

近眼になるタイプがあり

遺伝的要素

スマホ、携帯ゲームなど長く見続けることでの疲労からピント機能影響がでるなど言われています

遺伝での禁止の場合

眼球構造の問題になるので、小学生以降の成長によってその近視度合いが変化していくそうです

目が疲れる長時間の作業など

仕事だとパソコン作業など近年当たり前になってきており、自分もこの内容を書いている時点で目が疲れて行っているという矛盾を抱えております

眼精疲労の緩和をする方法として

眼球周辺を温めて血行を良くする→冷やしてクールダウンするのがお手軽にできる方法だと思います

整体院やリラクゼーションサロンでは

頭部や顔面筋の調整で疲労改善をします

多くの整体院やリラクゼーションサロンはコースで決められた工程で施術をしており、その方それぞれにあった施術の提供が技術的に難しいと思います

最近では、眼球付近の施術トラブル回避で大したこともせず、眼精疲労改善コースと売っているところも多数見受けられます

施術内容に満足いかない方には当店のカスタマイズされた施術を受けてみてはどうでしょうか?

お知らせ
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
468x60_orange.png