坐骨神経痛の話しすすきの 整骨院 札幌


腰部椎間板ヘルニア 腰痛の併発症状で「しびれ」ることがあります

「しびれ」の感覚は人それぞれなので

しびれが痛みと感じる人もいれば、皮膚がちくちく針でさされている感覚など

さまざまです

今回は、特に大腿部から膝の下(下腿部)にかけてのしびれが主な主症状として出る

坐骨神経痛について解説してみます

Wikipedia一部参照

坐骨神経の圧迫、脊椎神経根の圧迫、梨状筋症候群、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などが原因とされている

最も多い原因は腰椎椎間板ヘルニアであり、約90%の坐骨神経痛はこれが原因とされている

根性坐骨神経痛・腰椎性坐骨神経痛

坐骨神経の付け根が圧迫されて、痛みがおこるタイプの神経痛。椎間板ヘルニアが原因となっているケースが多い

梨状筋性坐骨神経痛

梨状筋による神経圧迫によって起こるもの

症候性坐骨神経痛

神経の圧迫が原因ではないため、まだ原因が詳しく解明されておらず、治療が困難

整骨院で何ができるのか?

臀部の筋肉が過緊張しているのを改善すること

しびれ、痛みによる姿勢保持の改善

梨状筋の改善 等です

しびれの改善に必要なのは、圧迫をしてしまう筋肉の改善と並行してその筋肉が過剰に緊張しない状態をつくること

日常生活の見直しもありますが、適切な筋肉の調整とストレッチにより多くの方が改善しております

ただ、腰部椎間板ヘルニアや人体骨化症など改善が見られないものをやみくもに調整しても患者さんの為になりません

その鑑別診断の能力がないと、漫然と時間とお金を使うことになります

整形外科でオペ適応と言われたとしても、保存療法で軽減させることもできる場合があります

お辛い症状について、当店でお手伝いができることもありますので、その際はお気軽にご連絡ください

お知らせ
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
468x60_orange.png